JR東日本の駅ビル・エキナカ等でエコバッグを計50万個配布

この記事は約1分で読めます。

2020年7月1日のプラスチックレジ袋の有料義務化に合わせて、JR東日本はレジ袋削減への理解促進を目的に、駅ビル・エキナカ等でオリジナルのエコバッグを計50万個配布します。6月16日(火)より順次開始。

各店舗ごとに設定された一定金額のお買い上げで貰うことができます。なくなり次第配布は終了。

エコバッグ種類

エコバッグの種類はキャメルとカーキの2種類。JR東日本、スノーピークおよび日本環境設計の3社が共同企画・制作。素材にはペットボトルから再生した生地を使用しています。

配布場所によりカラーは異なります。

配布箇所

NewDays、駅弁屋祭、紀ノ國屋等お客さまにプラスチックレジ袋を提供する、JR東日本グループ 21 社の一部店舗等

※実施店舗ではポスターやデジタルサイネージ等を掲示

イメージポスター

コメント

タイトルとURLをコピーしました